むらまつ1 むらまつのタイトル
むらまつ2 HOME プロフィールのボタン おもな活動ボタン 書籍の紹介

原点に戻って、頑張ります!

 私は葛飾区議会議員として6期目に入りました。初当選以来、本当に多くの方々に支えていただきながら、とにかくがむしゃらに歩んで参りました。
 自らがハンディキャッパーだからこそリアルに分かる弱者の痛み。社会的に弱い立場の人達の声をしっかりと政治の場に届けていこう。この思いのままに、葛飾区中を車椅子で走り回ってきました。
 政治が大きな転換期を迎えようとしているこの時を議員としての節目ととらえ、長年に渡って葛飾区民の皆様に育てていただいた恩返しがしたい。培っていただいた力を、もっと大きなフィールドで思う存分に発揮したい。もっともっと働かせていただきたい。このような思いから2013年6月東京都議選へ出馬いたしました。しかし、私の力不足により、多くの方々からの支持をいただきながらも当選を果たすことができませんでした。
 落選後、「葛飾区こそが私の原点なのだ」という思いが日増しに強くなってきました。私だからこそ見える、私だからこそ気付けることが、まだまだ沢山ある。ここ葛飾区で、私がやらなければならないことが残されているということを、あらためて自覚いたしました。
 私の原点葛飾区で、区民の皆様のために、そのひとつ一つをしっかりと実行していかなくてはならないとの思いから、2013年11月葛飾区議会議員選挙へ再度立候補し、復帰させていただきました。
 私はこれからも弱者の立場を十分に理解できる、人の痛みや苦しみをきちんと心でとらえて実行できる、体温のある政治を一貫して目指していきます。長年に渡って貴重な体験を積ませていただいた原点の地、葛飾区で今まで以上にがんばっていきます。どうぞよろしくお願いいたします。


政策を語るむらまつ

【3つの主張と7つの政策】

子供と保護者を守ります。
(1)「いじめ」、「体罰」、「不登校」をなくす教育行政を確立します。
(2)「児童虐待」をなくします。
(3)保護者が安心して働ける保育行政を充実させます。

災害から区民の皆様を守ります。
(4)災害に強い都市整備を促進します。
(5)避難対策を整備します。

安全な駅を作ります。
(6)転落防止用にホームドアの設置を推進します。
(7)高砂駅の立体交差事業を早期に実現します。

立石駅の踏切
狭くて絶えず渋滞している踏切は、
危険がいっぱい。


Copyright © 2013 MURAMATSU KATSUYASU. All rights reserved.